「よしむら」の新そば 十割 とちょっと考えたこと

画像
なんとなく、又、「よしむら」に。午後から用事があるので、吉祥寺だったら、やっぱり
よしむら」

休日と違って、ほんとここの平日は閑散としている。客は私以外で一人だけ。
でも、こういう雰囲気がわたしにとってはやっぱり好きかな。

さて、今日は目の前の張り紙の「新そば十割」がやっぱり気になったので、それを頼んでみる。
ここでの、十割は初めて。出てきたせいろは、いつもどおり瑞々しく光っていて、これを見るだけでもいつも満足してしまう。
さすがに、風味がよい。「吉祥寺」の繊細なうま味と香りとは又違って、野趣さが加わった感じ。腰もこっちの方がしっかり。んー、ここの蕎麦を食べるといつも、他での蕎麦を覆されちゃう思いもしてしまう。わさびもよく利く!

で、ちょっと考えたこと。
今日の「よしむら」は至極満足したけど、たまにこの「よしむら」でも、「ん?」って思うときがあって、
何度か通っていると、この店に限らず、心の底から満足する日もあれば、「?」って思う日があること。もちろん、お店の状況(混み方とか・・お盆時期の「本むら庵」もひどかった・・)や、その日の気候によっても、違ってきちゃうんだろうな。
あ、もちろん、食べる側のわたしの体調や状況にも問題はあると思う。
もちろん、いついっても絶対変わらない水準を保つことがいいのはそうだけど、(竹むらの本で阿部さんはそれを目指してるって書いてあったなぁ)と、なると、もしどっちの側も最悪の時が、初めて入ったお店だったりすると、なんかすごく損した気分になるかも。
今まで一度行って、もう行くことないだろうな・・なんて思っていたお店が、妙に評価されていたりすると、なんだかそんな気分になってしまう。
蕎麦屋めぐりもいいけど、何度か足を運ぶっていうのも必要なんだろうか。。
でも、こうなるとfirst impressionも大事だとしみじみ思う。
(人との出会いと同じね、まるで)
もちろん、わたしにまだ、蕎麦の味覚に対して未熟だといわれたらそれまでなんだけど。。。

でもそれとは又別に、初めて入ったお店で「!」なんて感覚を味わうと、やっぱりもっともっと、いろんな蕎麦を食してみたい!っていう欲望がわいちゃうから仕方ない。。
まだまだ、いっぱい行って見たいお店がたくさん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック